試験

センター試験2018の1/13と1/14の中国地方の天気は?交通情報も!

こんにちは!

 

センター試験が今週末まで近づいてきました。

 

今年のお正月は、センター試験に向けて

頑張ってきた受験生も多いと思います。

 

ここ例年のセンター試験の天気は

荒れ気味ですが、今年はどうでしょうか。

 

2018年1月13日と1月14日の中国地方

鳥取・島根・岡山・広島・山口県の天気や

交通機関情報をお伝えしたいと思います!

 

スポンサーリンク





 

センター試験2018の1/13と1/14の中国地方の天気は?

センター試験の週に入って天気が荒れています。

 

低気圧が急発達して、

天気予報は、強い冬型の気圧配置です。

 

それによって、日本海側を中心に

大荒れや大しけの恐れがあるんだとか。

 

 

10日より気温が一気に下がって

15日頃まで厳しい寒さが続くと予報されています。

 

気になるセンター試験の当日天気ですが…

 

13日と14日にかけて

再び真冬並みの寒さに…

 

 

【中国の天気予報】

引用元:https://tenki.jp/week/2/

 

センター試験1日目の13日は、

鳥取と島根では「雪」となっています。

 

 

山口・岡山・広島は、

雪や雨の心配はいらないみたいですね!

 

 

 

 

「センター試験=天気悪い」というイメージが

ありますが、今年は大丈夫そうですね。

 

 

 

真冬並みの寒さということで、

寒さ対策は しっかり備えましょう!

 

 

個人的にオススメなのが、

レッグウォーマーです!

 

去年の11月から愛用していますが、

レッグウォーマーをしていると暖かさが全く違います!

 

100均のレッグウォーマーでも

十分に暖かいですよ。

 

わたしが実際に使っているので

間違いないです!

 

スポンサーリンク





 

センター試験当日の中国地方の交通情報も!

センター試験当日の交通機関の情報が入り次第

追記してお伝えしたいと思います。

 

悪天候で交通の遅延の心配はありませんが、

トラブルが いつ起こるか分かりません!

 

時間には余裕をもって行動したいですね。

 

 

御存知かもしれませんが、

天候の悪化による交通機関の遅れで遅刻した場合…

 

試験の開始時間から、

20分の遅刻までは認められるそうです!

 

 

交通機関のトラブルによる遅刻の場合は、

公共交通機関が発行する「遅延証明書」をもらいましょう。

 

「遅延証明書」を提出することで、

試験の開始時間の繰り下げや別室での受験が認められることがあります。

 

まとめ

今年のセンター試験の天候は

「晴れのち曇」で今のところ心配ありません。

 

しかし、寒さが真冬並みの寒さです!

 

最低気温が氷点下以下の県が多数ありますので、

道路の凍結も十分に考えられます。

 

足元には気を付けて会場に向かいましょう。

 

 

今まで頑張ってきた結果がでるといいですね!

 

>>センター試験の結果が届くのはいつ?高校へも通知がいくの?

 

高校の先生にもセンター試験の結果通知が

届くのか気になりませんか?

 

調べてみましたので、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク