国内ニュース

春日野部屋の暴行事件の加害者の元力士は誰?なぜ今頃発覚した?

こんにちは!

 

またまた相撲界で問題が発覚して

朝から騒然となっています。

 

春日野部屋に所属していた力士が

暴行をして傷害罪で起訴されていました。

 

2016年6月に懲役3年・執行猶予4年の

有罪判決が確定していたことがわかりました。

 

加害者の元力士について調べてみました。

 

また、まぜ今頃になって暴行事件が

発覚したのでしょうか?

 

スポンサーリンク





 

春日野部屋の暴行事件について

 

日本相撲協会の、新たな不祥事として

マスコミは賑わっています!

 

暴行事件があったのは、2014年9月5日の夜でした。

 

当時7ケ月前に入門したばかりの弟弟子の顔を

こぶしで殴ったり、腹を蹴ったりしたそうです。

 

原因は、加害者の力士が部屋の掃除の仕方について

注意したところトラブルになって暴行事件が起きたということです。

 

弟弟子は、親方に相談したところ、

 

整体に連れて行かれて折れている顎を元に戻しただけです。

 

骨折しているのに、強い力を加えたので

痛みはさらに悪化したそうです。

 

きっと、暴行事件の発覚を恐れてのことでしょう!

 

最終的に、自分で大学病院に行ったところ、

即入院をして緊急手術をしたそうです。

 

診断結果は、全治1年6ケ月!

 

被害を受けた弟弟子は、顎の骨折や味覚消失の後遺症で

相撲界から引退せざる負えない状況に追い詰められました。

 

弟弟子側は、2014年10月に加害者の力士を

刑事告訴をして東京地裁が2016年6月に有罪判決をくだしました。

 

今回 問題となっているのは、

春日野親方が事件を公表していないことです!

 

親方は問題の力士は「辞めていますから!」と

公表する必要はないと考えたそうです。

 

はい???

ハテナがいっぱいです…

 

そういう事じゃないと思うんですが…

 

取材に対して相撲協会では

「報告を受けていて、親方の対応に問題はなかった」としています。

 

隠ぺいしたとしか言いようがないですよね!

 

記憶に新しい、貴ノ岩の傷害事件では、

貴乃花親方は、暴行があった事実を相撲協会へ報告をしませんでした。

 

その結果、理事を解任という処分を受けています。

 

今回の件で、より一層相撲協会には

不信感しか残りません…

 

スポンサーリンク





 

春日野部屋の暴行事件の元力士は誰?

当時暴行事件の加害者の元力士は、

2013年に新弟子検査に合格をして春日野部屋入りをしました。

 

2015年7月の名古屋場所を最後に引退しています。

 

加害者の元力士名は、

栃玄武 晃一郎(とちげんぶ こういちろう)の名前でした。

 

本名は、緒方晃一郎さんです。

 

平成6年1月25日生まれの24歳です。

 

福岡県福岡市東区出身で、

序二段 22で引退をしています。

 

当時の成績です。

引用元:http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=12039&l=j

 

取り組みの成績をみると、強いわけでもなく

弱いわけでもなく中間といった感じですね。

 

 

引用元:https://free-style-info.com/2018/01/25/kasuganobeya_jiken_gazou/

左側の痩せ形の力士が

傷害事件を起こした「栃玄武」です。

 

顎の骨を折らせてしまうほどの力が

あるとは思えないのですが…

 

 

なぜ今頃 暴行事件が発覚したのか?

それにしても、過去の傷害事件が

今になって掘り起こされたのでしょうか!

 

日本相撲協会では、2年の任期満了に伴う

理事と副理事候補選挙があるそうです。

 

その「立候補届」が、2月1日に受付をして、

投票による選挙が行われるとの事!

 

今のところ、立候補者は、

  • 貴乃花親方(暴行事件の報告をしなかったことで、理事を解任された)
  • 伊勢ケ浜親方(暴行事件の加害者の師匠で辞任させられた)
  • 八角親方(現在の理事)

 

で!

 

今回の春日野部屋の暴行問題で隠ぺいをしたとして

当時理事だった八角親方に白刃の矢が向けられるわけです!

 

この問題が発覚しなかったら、

八角親方が再選間違いなしと思われていました。

 

マスコミの狙いなのかは分かりませんが、

今後の相撲協会の対応が気になりますね!

 

またしても、しばらくは相撲協会の話題で

テレビ業界は忙しくなりそうですね。

 

スポンサーリンク